2017年11月28日火曜日

プチヴァカンス@ブルゴーニュ Sainte-Sabine サント・サビー ヌ & Châteauneuf

めっきり寒くなってきました。もう晩秋というより初冬です。
朝のBokuのお散歩の時などダウンとマフラーは必須、手袋も欲しいぐらいです。
紅葉を愛でたのも束の間、ここ数日で近所の森も殆どスケスケになってしまいました。
ヴァカンスのリポートが完結しないままノエルになるのでは、と焦っております。

で、ブルゴーニュ2日目に遡ります。
この日は実に盛沢山のプログラムだったので、午前と午後の2回に分けます。

前夜も撮ったサロンの朝の様子。なかなか優雅です。

前夜の夕食と同じテーブルで朝食。夕べは暗くて見えなかったけれど池の正面に面した席だった。食後、古いパンをビニール袋いっぱい貰って、散歩がてら鹿に会いに行った。

いた、いた!Bokuを連れていたので最初は少し警戒していたけれど、無害なワンちゃんと見定めたようでパン欲しさに大勢集まってきた。

写真も撮ったけれど、きりが無いので動画をご覧あれ。

このホテルに決めたのは、実はこの鹿さん達に逢いたかったという事もあったのです。
ほんと、ディズニーのバンビそっくりの可愛いさ、優美な姿を間近に見られて大満足でした。

ひとしきり鹿と遊んだ後、すぐ近く(ホテルからも見える)にある古い城塞Châteauneuf en Auxoisシャトーヌフ・オン・オソワに車で出かけました。

門番さん達がいたけれど、折良くこの日は『ヨーロッパ文化遺産の日』で入場無料だった。
お濠を渡って門の中へ。右は中から門を振り返って見たところ。

14世紀のブルゴーニュの城塞築城の最後の城跡の一つとのこと。
中世の城らしく飾り気のない頑丈な造り。城壁に開けられた窓から村が見える。

中庭から見たシャペル付き本館。今は水の無いお濠。

城内のシャペル(死者の間とも呼ばれる)。所々にかかっているタピスリーの一つ。

上階の居住区。左は風呂場とトイレ。

王と王妃(何方かは詮索しなかった…)の寝室。

城の窓から見晴らした下界。ブルゴーニュの田園風景。

『フランスの最も美しい村』に指定されている中世がそのまま残るシャトーヌフの村。

お店の看板が楽しい。左下の看板の骨董屋さんの巨大なチベット犬。
右の写真にチラっと見えるのがオーナーのマダム。東洋骨董専門だった。

予定も期待もしていなかった訪問だったけれど、シャトーヌフはなかなか素敵な所でした。
けっこうゆっくり見て回ったのに、まだ午前中。
ホテルで貰った観光案内地図を見ながら次は何処に行こうかと悩んだ末、地図に記された見所スポットの地方テーブルアートセンターというのが気になりArnay-le-Ducという街に行ってみることにしました。
続きはまた次回のお楽しみ、ということで、きょうはここまでにしておきます。

2017年11月18日土曜日

プチヴァカンス@ブルゴーニュ Sainte-Sabine サント・サビーヌ

きょうはボージョレー・ヌーヴォー解禁日。
近所のカルフール・マーケットに買いに行き、さっそくお昼に飲みました。
Georges Duboeufのヴィラージュを開け、一昨日ラ・ブルゴーニュ(近所のレストラン)でお土産に貰った自家製フォアグラなどを薄いポン煎餅に載せたアミューズ、ブルーチーズと栗入りのパスタ、鴨の煮込みなどで一杯(というか何杯も)やりました。
普段赤ワインは透き通ったルビー色のピノ・ノワール一辺倒の私達には、ボージョレーの濃いスミレ色にいつもながらビックリします。
と、ここでこの記事が中断したので上記は昨日(日本時間では一昨日)のことになってしまいました。

またしても2カ月前に戻り、ヴァカンスのリポートの続きです。
ブルジェ湖に別れを告げた私達は、帰りがてらブルゴーニュに寄り道をしました。
フランス料理が続いて、まだ続く予定なので、Beauneの和食レストランBissoh(ディジョンの帰りにも立ち寄った店)に寄って、口直しにお鮨をいただきました。
やはり日本人です、柚子白菜やら握り鮨を、砂漠でオアシスとばかりに貪ったのでした。
目指す宿は、ボーヌから30kmほど北(パリ寄り)にあるSainte-Sabineという村のお城で、初めての所です。

教会に接したお城の前庭が駐車場になっていて、荷物を持って門をくぐり中庭に入る。

なかなか立派なお城だ。16世紀に建てられたそうだが、良く保存されている。

『ボクこれに乗ってきたんだよ』ってのは嘘。何故か中庭にフェラーリやらマセラティが!
私達の部屋へ上がるドンジョンの入口。天使の彫刻が美しい。

上品な色調の広い部屋。お城らしいけれど嫌味が無く、近代的な設備が整っている。

部屋はクラシックなインテリアだけれど、バスルームはモダン。

プライヴェートテラスが付いていて、本館や庭園やシャペルが見える。

庭園側から見たお城の本館。下の張り出した所が主食堂。

8ヘクタールある庭のほんの一部。

★は無いけれど一応ちゃんとしたお料理を出すレストラン。
赤紫蘇の芽やキャヴィアが5粒ほど載ったサーモンのアミューズ、大きなラングスティーヌの前菜、メインはオマール。

小さな金箔などあしらったデザート。

食後のコーヒーは上のサロンで。よく見るといい加減に描かれた天井画。

大きな食堂は満席だったけれど、窓際の良い席が用意されていたのはナイスでした。
サーヴィスは大食堂的で、シャトーホテルのレストランとしてはちょっとお粗末過ぎ。
お料理はまあまあ、でした。ワインは何を飲んだか忘れてしまいました。
せっかくブルゴーニュだっていうのに…、ラベルの写真を撮っておくべきでした。

2017年11月11日土曜日

プチヴァカンス@サヴォワ le Bourget du Lac ブルジェ湖畔 & Aix-les-Bains エクス・レ・バン

88歳(米寿)の誕生日を目前にして倒れ、緊急入院した母のために3週間帰国しておりました。
母は幸い大事には至らずに済み、退院後はどんどん体力を取り戻して、朝食の支度や洗濯物を干したり取り込んだり出来るまでに回復したので、家族一同ホッとしました。
ただ、認知症は明らかに進行している様子で、対応に戸惑うような言動に接する度、普段離れて暮らしている私はオロオロと悲しくなりました。
そんな母を毎日辛抱強くケアーしている父や妹の辛さ、また母自身のもどかしさを慮ると、フランスで気儘に暮らしている自分がエゴイストに思えてきます。
たまに贈物をして少しは親孝行した気になっている自分が笑止です。
出来るだけ頻繁に里帰りして、傍で心から寄り添って皆を慰めてあげなくてはと思ったのでした。

とは言いつつ、誠に恐縮ながら呑気にヴァカンスのリポートの続きを致します。
もうかれこれ2カ月も前の事になってしまい、今更なのですが、せっかく撮った写真や作った思い出を没にするのも忍びないので…。

ブルジェ・デュ・ラック三日目、湖の西側湖畔を車で北上。
意外にキツイつづら折りの山道の途中やっと見つけた展望スポット。

対岸はなだらかなので町が続いている。
西側に町が無いのは岸からすぐ急斜面になっているからなんだ、と納得。

曇っていなかったら絶景かな!なんでしょうに。

雲行きが怪しくなり出したと思ったら、湖畔のHautecombe修道院に到着した途端、突然の暴風雨の嵐に見舞われて観光どころではなくなってしまいました。
写真すら撮れず、這う這うの体で引き返すことにしたのですが、さて、帰るにも来た道(ただでさえ険しい山道)しか無い事に気付き、仕方なく湖を一周してChamberyに向かったのです。
嵐で折れた大きな枝などが道に転がっていたり、けっこう怖いドライブでした。
その時に踏んだらしい杉の枝を車のお腹に引っ掛かけたまま、家まで連れて帰って来たことに後から気付きました。
シャンベリーでも、雨の中を中華料理屋を探し、やっと見つけた貧相な(失礼!)店で昼食をしただけで、侘しくて、(雨に濡れて)寒くて、そそくさとホテルに帰りました。
予定ではAix-les-Bainsで遊覧船に乗る筈だったのに…。

夕方になったら先ほどの嵐が嘘のように晴れ、食事まで間があるし、ここまで来てエクス・レ・バンも見ずに帰るのも惜しい、というので気を取り直してエクスまで散歩がてらサヴォワのワインを買いに行こうということになりました。

部屋に置いてあったこの辺の観光案内誌に広告が載っていた酒蔵Cavailléを訪ねた。
愛想の良いおにいさんが試飲させてくれたサヴォワのピノ・ノワールとロゼが美味しかったので購入。

エクスはベル・エポックの残り香が漂うシックな温泉町。
町の自慢の立派なカジノ。

英国のヴィクトリア女王がお忍びで3回も滞在した街というだけに、なかなか素敵な所だ。
真ん中の写真は女王が滞在したホテルの一部分。

夕日を映してバラ色に染まったアルプスの山並み。
もう暫く見ることが無さそうな景色をホテルのバルコニーから見納める。

Atmosphèresでの最後の晩餐は、7皿のお任せコース。
ブルジェ湖の魚と地元の野菜を使った2品。

温泉卵とビーツ。鳩のロティ。
この後、チーズがワゴンでサーヴィス。

デザート2品。

照明とカメラが今一で料理の写真が綺麗では無いけれど、実際は十分に美しく、美味しい食事でした。
3晩ともアミューズが全く同じだったのは少し残念だったけれど、ミシュラン1★を裏切らないクウォリティのレストランだと思います。
シェフは一度もまともに顔を見せなかったけれど、奥さんは気さくな人でした。
サーヴィスの若い女性の一人が頗る感じが良く、綺麗で(写真を撮れば良かった…)、しかも完璧なサーヴィスで感心しました。

AtmosphèresのHPはこちらからご覧になれます。

2017年10月11日水曜日

プチヴァカンス@サヴォワ le Bourget du Lac ブルジェ湖畔 & Annecy アヌシー

ヴァカンスのブログが諸事情により中断してしまいました。
明日から急に里帰りすることになり、益々停滞しそうなので、取りあえず1件だけリポートしておきます。

二日目の早朝、日の出前のバルコニーからの眺め。
雪を頂いたアルプスの山々が金色と薄紫の東雲の空を背景にくっきりと見えて感激!

ブルジェ湖畔二日目の午前中は車で30分ほどのお隣の湖、アヌシー湖畔のアヌシーの街を散策しました。
昔々、一度訪れたことがあるのですが殆ど記憶が残っておらず、まるで初めてに近い感じでした。
アルプスのヴェニスと呼ばれるだけに湖に通ずる運河が街中を流れている。

運河沿いの散歩道。日本人の若者のグループに遭遇し、そんな名所だったんだ…と再認識する。

画面奥の橋の向こうは湖。対岸の山が見える。

白鳥があちらこちらにいて、岸辺に立つと餌をくれるのかと寄って来る。

急な坂を登ってお城へ。湖や街が一望かと思いきや期待外れ。登って損した…

アイスクリーム屋さんの看板ワンちゃん。大きくて可愛かった。
写真撮られ慣れているらしく、カメラ向けている間ジッとしていて撮り終わったら
いそいそとBokuに近寄ってきた。
とにかく街中お花がいっぱいで綺麗!繋がれていないのに大人しくカフェのテラスで居眠りしていたワンちゃんもいた。

この日のメイン・イヴェントはブルジェ湖畔のミシュラン2★のレストランBateau Ivreでのランチでした。
アヌシーから一旦ホテルに帰ってBokuを置いて出かけようとしたら、まだお掃除が終わっていなかったので連れて出ました。
ホテルから車で5分もかからないご近所。因みにもう少し先にもう一軒1★のレストランもあり、この辺りはガストロノミー激戦区なのです。

ホテルより低い位置にあるので湖が近い。
内装はHPなどの写真で見たほど素敵ではなかった。

おつまみはペルシュ(パーチ=淡水スズキ?)の稚魚の唐揚げ。
その後アミューズが2品出たけれど何だったか忘れた。

前菜はラヴァレのタルタル。メインは鳩のロティ、ジロル茸添え。

デザートはイチジクの赤ワイン煮、青りんごの生コンフィとシャルトルーズ風味のアイスクリーム。
コーヒーは車で待たせているBokuが可哀そうなので、外のテラスで取った。

お料理はどれも美味しかったけれど、雰囲気やサーヴィスが野暮ったく洗練されていないのがちょっと残念でした。
ホテルもルレ&シャトーの割には安く、今回の滞在場所として選択肢の一つだったけれど、ここにしなくて正解だったかも、と思ったのでした。

薄曇りだった天気も晴れてきたのでホテルに帰る途中、湖の岸辺に下りてみた。
水が澄んでいてとても綺麗。ここで獲れる魚は美味しいはずだ、と思った。

2017年9月24日日曜日

プチヴァカンス@サヴォワ le Bourget du Lac ブルジェ湖畔

今年は秋が早く、まだ9月だというのに朝など6℃~8℃の寒さで3日前から暖房を入れました。

今月は大きな骨董市が二つあり、その合間を縫って先週プチヴァカンスに出かけました。
いつも夏の終わりに出かけるのですが、インディアンサマーに恵まれて時ならぬ暑さを味わうことが多かったのに、今年はそうはいきませんでした。
さほど寒くはなかったものの、雨や嵐に見舞われ、天候的には過去最悪のヴァカンスでした。
ホテルや食事は悪くなかったし、久々に山らしい山の景色が見れたし、安くて美味しいワインも買えたし、まあ良しとしましょう。
ブルジェ湖はアヌシー湖の近くにあり、氷河湖としてはフランス最大という割にはアヌシー湖ほど知られておらず、私も★付きレストランが有るから名前だけは知っていたという程度でした。
アヌシーのような観光地ではないだけに静かで自然が多く残る美しい湖でした。

湖畔のle Bourget du Lac村の、山を背に湖を見下ろす高地に建つレストラン・ホテル≪Atmosphères≫。
2階の向かって右半分が私達の部屋。

小さいけれど眺めの良い綺麗な庭。

庭からの眺め。

建物の前の斜面に段々畑のようにハーブ類やサラダや花を植えた花壇。

広くパノラミックなメインダイニング。ここを通り抜けて部屋に上がる。

ダイニングルームの前は広いテラスになっている。暖かい時はここで食事したら気持良さそう。

私達のミニ・スウィート。一番良いお部屋(といっても4部屋しかないのだけれど)。

広々としていてシンプルでモダン。バスローブはあるのにスリッパが無く、お茶の用意はあるけれど冷蔵庫が無い。でも、ほぼ快適だった。

部屋のバルコニーからの眺めを動画で撮ってみた。

暮れてゆく湖の景色を眺めながらまずはアペリティフ。5種類のおつまみが可愛らしい。

アミューズは牛肉(多分軽くスモークしてある)と茸のムース。
全然肉臭さが無く、食べられた。花のような形に焼いたパン。

前菜はラヴァレ(ブルジェ湖だけに棲む魚)の塩締め。
メインはメーグル(地中海の魚)、プチトマトの天ぷら添え。

Oは洋梨のデザート、カボチャのアイスクリーム添え。
私はブルーベリーとウフ・ア・ラ・ネージュ、ヨーグルトのアイスクリーム添え。

初日のディナーは軽めにしました。地元サヴォワのロゼワインが美味しくてビックリ。
この日は560kmも走って疲れたので、早めにベッドに入りました。